コンサルティング相談事例


コンサルティング実績

CASE 1 . 

 

経営課題を解決することにより社員間の交流も活発に

道東/サービス業(創業100年)

老舗企業とはいえ、経営環境は厳しくなっていくばかりです。

このような状況から抜け出そうとしても、問題点が何かわからない状況でした。

勤続年数の長い社員ほど、過去の栄光にとらわれて現状に対してこのままでいいと思っていました。

 

また、幅広い年齢層の社員たちの人間関係やシフト制の休日設定により、若い層の社員が定着しない・・・という問題も抱えていました。

 

企業理念や、コンセプトなども存在しておらず、まずはそこから一緒に 考えていきました。

企業理念の構築、組織図の制作、具体的な問題点の 改善を行っていきました。

 

じっくり関わり、何度も足を運んでいくうちに 勤続年数の長い中間層から変化が見られました。

そして、相乗効果として社員それぞれのコミュニケーションが増えていったのです。

結果、若い社員と中間層などの交流が活発になっていきました。

CASE 2 . 

 

ファイリングをきっかけに社内問題を解決に導く

札幌市/卸売業

元々書類の扱いに困っていましたが、オフィスを新築するにあたりファイリング(書類の保管ルール)の見直しをすることに。

ファイリングのルール作りをする中で、様々な組織の問題点が浮き彫りになってきました。

社長と社員の間に見えない壁ができていて、業務多忙に加え、対人関係による精神的ストレスが双方にたまっていました。

 

ファイリング作業と並行して組織の課題解決に向けてのコンサルティングを提案。

経営陣と社員双方から細かくヒアリングを続けていきました。

徐々に社内のコミュニケーションが円滑になり、オフィスに一体感が生まれました。

セミナー実績

2019年4月から「働き方改革関連法案」が施行されていますが、「何から始めていいのかわからない」という声をよく耳にします。

そういった事業主の方のための講演のご依頼も多くいただいております。

働き方改革、ワーク・ライフバランスに関するセミナー


【2019年】

8/26 札幌商工会議所様よりご依頼を頂き、札幌市採用力等強化事業で採用に活かす「働き方改革」をテーマに登壇いたしました。

 

8/24 札幌クリーニング協同組合様に講演のご依頼頂きまして「生産性を上げるためのワーク・ライフバランス」をテーマに登壇いたしました。

 

7/23 恵庭商工会議所様にご依頼頂き、セミナー講師として登壇いたしました。

テーマは、「消費税率引き上げ・軽減税率対策への理解とワーク・ライフバランスによる経営力強化」

 

 

アドラー心理学に関するセミナー


・8/7 恵庭建設業協会様よりご依頼いただき「経営に活かすアドラー心理学~今、何が出来るか~」をテーマに登壇いたしました。

経営者の皆様は、若年層から高齢者の方と仕事をする上で「対人関係の悩み」を抱えていらっしゃいます。

今回は、「アドラー心理学」「ワーク・ライフバランス」をミックスしてお話しをさせていただきました。