イデア・キャリアサービスのコンサルティングメニュー


キャリアコンサルタントがワーク・ライフバランスの取り組みの浸透・定着までを支援します。

 

第三者であるキャリア・コンサルタントが併走することで、以下のようなメリットが考えられます。

  • 対処療法ではなくリバウンドしない改善ができる
  • 上司が言うとセクハラ・パワハラになるという内容も素直にきいてくれる
  • 上司には言えないこともヒアリングが可能

 

 

ワーク・ライフバランスについて >>

 

 

 

※コンサルティングの具体的なサイクル

コンサルティングの流れ

イデア・キャリアサービスではワーク・ライフバランス実現のために自社に合った支援計画をご提供することが可能です。

今こそ取り組むべきオフィスのペーパーレス化

 

政府が推進する『働き方改革』を実現させるための具体策のひとつに、オフィスのペーパーレス化があります。

デジタル化が進んでいるにもかかわらず、会議資料などオフィスにはたくさんの情報やモノが溢れています。

 

気が付けば机の周りは紙ばかり。。。

情報漏洩のリスクも高まります。

 


 

業務の効率アップ・情報の有効活用・情報のセキュリティなどの、オフィスを取り巻く様々な課題の解決策として オフィス環境診断士 の資格を持つコンサルタントがファイリング・システムの導入や改善をお手伝いいたします。

 

導入後は仕事の “見える化” が進み、身の回りの環境もスッキリして、社員の働く意欲が高まります。


自分を知ることで相手を理解できるから、職場のストレスが激減

世の中には、様々な性格診断テストや適性テストが氾濫しています。

弊社で行っている診断の特徴は、とにかくリアルでビジネスシーンの具体的な悩みが表現されていることです。

そして、「あなたはこんな人」と決めつけるのではなく、「こんな傾向がない?」と気づきを与え、リアルな改善方法が解ることです。

テストに個人面談をプラスすることで一人一人がどんなことが困っていて、どんなことが解消されたらもっと働きやすくなるのかということをヒアリングいたします。

 

主な活用方法:

  • 職場の雰囲気を改善、人材の定着率アップ
  • 新人フォローなど教育の参考に
  • 自分の性格がわかり短所の改善策がわかる
  • 面接・組織改革など人事の参考に

目標は誰もが憧れる

ストレスフリーな毎日です

社会保険労務士とキャリア・コンサルタントの違い


ともに人材に関する専門家と言われていますが、取り扱い業務に違いがあります。

 

社会保険労務士(社労士)は、主として労働者側の立場に立って労働法や社会保険についてのアドバイスを行います。

そして手続き代行業務や書類作成業務を行います。

これらに関する書類(就業規則や社会保険の手続きなど)の作成や提出を代行することは、社労士にしか許されていない「独占業務」です。

 

キャリアコンサルタント会社と労働者両方の視点で判断をします。

『企業内改善の専門家』として会社の利益・従業員の利益、双方のバランスを考えたうえで的確に助言をします。

 

キャリア・コンサルタントとは...

・社員の本音を聞き出す人です

・社員の周りにある小さい石を取り除きます

・社員がつまずかないようにする人です

 

社長は社長の仕事に100%集中することができ、社員(従業員)は社員(従業員)の仕事に100%集中することを実現するための手段がキャリア・コンサルティングなのです。

中小企業様、個人様を中心にサービスを提供しております。

詳しい内容・料金につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

リーズナブルな価格設定となっております。お見積りは無料です。